3世代から愛されるベビーアイテムのお店 

2019/09/11 17:01


赤ちゃんを迎える準備の際に忘れてはいけないのは「おむつポーチ」です。

おむつポーチは、赤ちゃんのおむつ替えに必要なおむつやおしりふきを収納するポーチです。

赤ちゃんがおむつを卒業するまでのおおよそ3年間いつも持ち歩くものなので使い勝手がよいものを選びたいですよね。



■おむつポーチには何を入れるの?

〇おむつ数枚…・月齢やお出かけ時間にもよりますが半日くらいのお出かけであれば、3~5枚で十分です。

〇おしりふき・・・名前はおしりを拭くための専用のようですが、実際にはミルクや母乳をあげる前にママが手を拭いたり、少し大きくなったら離乳食やおやつをあげる前に手を拭いたり口周りの汚れを拭いたりと、活躍の場が多いアイテムです。おむつポーチと一緒になっている物も多いですが、別々の方がおむつを卒業した後も使えますので、長く愛用出来て便利です。

https://www.babyba-ba.net/categories/1795638 (←baby ba-baのおしりふきケース)


〇使用済みおむつを入れる袋・・・コンビニの小さい袋やポリ袋で十分です。消臭成分の入った専用のものもありますが、毎回使うのはコストがかかります。最近は専用のおむつ替えスペースが設置されている所も多く便利ですが、使用済みのおむつは持ち帰りの場合も多々あります。ポリ袋は汚れた洋服を入れる際にも使えますので、数枚入れておくのがおすすめです。

〇おむつ替えシート・・・おむつを交換する際に使います。エチケット用品と考えていいと思います。訪問先でおむつ替えをする際に汚さないよう、お尻の下に敷いておむつ替えしましょう。冬はひんやりする事もありますので、起毛素材のおむつ替えシートはおすすめです。お尻の下に敷いて直接お尻を載せる事もありますので、丸洗い出来ることも重要です。

https://www.babyba-ba.net/categories/1792966 (←baby ba-baのおむつ替えシート)




■経験者が考える、おむつポーチに必要な機能と選ぶ際の優先順位


〇適度な大きさが重要・・・おむつ数枚+おしりふき+ビニール袋がまとめて入る大きさが理想です。

赤ちゃんが成長するとおむつのサイズも変化しますので、少し余裕のある大きさがおすすめです。


〇取り出しやすいシンプルな形・・・細かくポケットが分かれたポーチはおすすめしません。ササっと必要な物が取り出せる事が重要ですので、細かく分かれていれば必要な物がすぐに取り出せません。赤ちゃんは成長と共におむつ替えを嫌がる時期が来たり、おなかを壊したりすると急を要するおむつ替えもありますので、ひとめで見渡せてサッと取り出せる事は外せないポイントです!


〇持ち歩きしやすい形・・・持ち手がついていると、赤ちゃんを抱っこしたままでもおむつポーチを持ちやすく、ベビーカーやマザーズバッグに引っ掛けておくこともできます。

〇マザーズバッグにピッタリのサイズ・・・baby ba-baのおむつポーチはマザーズバッグの中で丁度良いサイズ。おむつポーチの他にも着替えや離乳食など・・・持ち歩く荷物が多いママ達のバッグ。全体の荷物量を考えると、おむつポーチはボリュームがある方ですので大き過ぎるポーチはNGです。適度なサイズである事と、軽量であることは総重量も抑えられますので選ぶ際に重要なポイントになります。


〇お子さんの性別や赤ちゃんっぽいデザインのおむつポーチを選ぶのはNG!

おむつポーチは、おむつを卒業する3歳頃まで使うアイテムです。お出かけ時にいつも持ち歩くものなのでママ好みのデザインを選んでいいと思います。性別で選んでしまうと次のお子さんの性別が違った時に買い直す事になり経済的ではありません。また、子供っぽいデザインのおむつポーチを選んでしまうと、おむつ以外で使う事ができなくなります。おむつを卒業しても自分のポーチとして使えたら、思いでも一緒に持ち歩く事ができる。と大人っぽいデザインを選ぶママも増えています。将来おむつを卒業したときに、自分用として使えるデザインと考えながら選ぶのも楽しいですよ♪


黒のさくらんぼのおむつポーチ 2.700円

https://www.babyba-ba.net/items/22992173