3世代から愛されるベビーアイテムのお店 

2019/10/15 15:49

▼▽▼抱っこ紐とよだれカバーの必要性▼▽▼


ここ数年の子育て事情で、圧倒的に人気なのが『だっこ紐』各社使いやすいアイテムが沢山出来ていますね。
おでかけは必須ですが、ぐずりと家事のタイミングが同じ時は頼ってしまいます。
とても便利なだっこ紐ですが、抱っこ中、ショルダーベルト部分がよだれでベトベトになってしまうこともあります。
赤ちゃんは生後4~5ヶ月くらいになるとそばにあるものを何でも口に入れたがるようになります。
だからショルダーベルトのあたりがちょうど口のそばにくるので加えて吸ったり舐めたりしてしまうんですね。
自然な事とはいえ、よだれでだっこ紐が濡れてシミができたり、ニオイが発生したり、雑菌も気になります。

だっこ紐を洗濯するのは乾くのに時間がかかったり、形が崩れたり、正直めんどくさかったりで…なかなか現実的にできません。そこで、よだれカバーが便利です! よだれカバーを装着しておけば、だっこ紐を直接舐めたりすることもなくなります。
汚れたら、カバーだけを外して洗えば、清潔に保つ事ができるのです。

よだれカバーは、洗い替えを含め2、3組あると便利です! 抱っこ紐のデザインやカラーに合わせたものと、パパ用に無地などのシックなものを選んでおくことをおすすめしますよ。



▼▽▼よだれカバーの使い方▼▽▼

よだれカバーの取り付け方は、だっこ紐のショルダーベルトのちょうど赤ちゃんの口に当たる部分によだれカバーを巻きつけ、マジックテープで留めるだけです。

だっこ紐のショルダーベルトの幅は、だっこ紐によってそれぞれですが、マジックテープですので、ある程度幅を調節できます。

取り付け・取り外しも、マジックテープなら片手でできる程度なのでとても簡単なのです。


▼▽▼baby ba-baのよだれカバーの特徴▼▽▼


・全ての材料は安心安全な日本製を使用しています。お口に当たる部分はコットンダブルガーゼ100%です。

・工業糊などを落とすために布地を洗ってから商品を作っています。

・プロの縫製職人が日本国内で衛生的に縫製しています。

・吸水性が高いガーゼ地。肌あたりの良い柔らかな素材です。

・内側には防水シートを挟んで作っていますので水分がより通しにくくなっています。

・頻繁に洗う物なので、裏側にキルティングを使う事で丈夫で型崩れしにくくしています。

・個性的でおしゃれなデザインから無地でシンプルな物までバリエーションが豊かです。

 抱っこ紐をイメージチェンジしたような気分を味わえるのも楽しみですね。


●マルチなカバーに驚きの使い道!

 ベビーバーバのよだれカバーなら、抱っこ紐だけでなく、バギーやチャイルドシート、

 ママのシートベルトの肩部分用のカバーとしてもお使い頂けるマルチなサイズになっています。

 長くお使いいただけますし、パパママとお揃いで合わせるのもおすすめですよ♪


baby ba-ba orner  ayako takakuwa

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

baby ba-baのよだれカバーは・・・ こちら